株式会社ベアードライン 『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃』の評判、口コミを調査

株式会社ベアードライン 『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃』の評判、口コミを調査

こんにちは!管理人のZenです。

本日は、株式会社ベアードラインの『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃』について取り上げます!

トレードの強者側についていく理論的根拠に基づいた優位性があるトレード方法を教えてくれる!という謳い文句の本商材。

もし本当ならFXトレードを副業とするのに役立ちそうですね。たくさん稼いで脱サラやお金に困らない生活ができたら最高です。

果たしてそんなことが可能なのか?
早速、本商材について調べていきたいと思います!

特定商取引法に基づく表記

まずは特商法の表記から。一通り必要な情報は掲載されているようです。販売価格は約3万円と手の届く範囲の金額です。

販売者名 株式会社ベアードライン
住所 東京都台東区上野6丁目1番6号 御徒町グリーンハイツ1005
電話番号 09023040694
メールアドレス takkiakk@gmail.com
puusanak@yahoo.co.jp
販売URL https://pu-sanfx.com/beardline/scalping-sen/
販売価格 29700円(税込)
運営統括責任者 株式会社ベアードライン
代表取締役 熊木 章人

連絡先アドレスがフリーメールなのはちょっと信用面で心配になりますね。

会社の場所はこちらのレンタルオフィスのようです。ここの1室なので、ほぼ個人でやっている会社ということが想像できます。

商材の概要

さて本商材の概要について簡単に触れていきます。

『ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃』はニューヨーク市場やロンドン市場などがスタートする時間に大きな動きが発生したところで、その流れに乗るというスキャルピング手法です。

ツールやシステムなどを使わない裁量トレードでのスキャルピング手法のやり方を教えてくれる動画形式の講座を提供してくれるものとなっています。

使用時間足は 1分足で、推奨通貨ペアは、ドル円、ユーロドル。特定の時間帯に出現する値動きに応じてトレードを行うスキャルピング手法を教えてくれるようです。

講義内容は以下の通り。

1.優位性の解説
2.トレードルールの解説
3.トレード画像50枚を使って閃のトレードを実戦解説
4.トレードチャンス数&勝率と年利を解説
5.トレード学習のアドバイス
6.市場開始直後以外の相場も攻略できる、損切りに掛かりづらくなる応用テクニック

無期限・回数無制限のサポート付きとのことですが、ほぼ個人運営の会社で手厚いサポートが受けられるのかは疑問ですが…。

販売者について

販売者についての情報をまとめました。

株式会社ベアードラインについて

こちらのサイトで法人登録されていることは確認できました。
代表取締役は熊木章人(ぷーさん)です。
公式HP等はありませんでした。税金対策や信用獲得のために設立した会社でしょうね。

熊木章人(ぷーさん)について

運営統括責任者である熊木章人について、公式に掲載されている情報をまとめました。

■公式Twitter
https://twitter.com/beardline_coltd

FXトレード講師を7年続けている、株式会社ベアードライン代表取締役の熊木こと愛称“ぷーさん”と申します。 つらい思いして学んでも身につきません。私は楽しく学ぶことを第一に考えております。間違った情報が溢れかえっているトレード業界に本物の情報を配信し、メスを入れます。

■公式HP
https://pu-sanfx.com/ak/

■プロフィールのまとめ
公式HPにあったプロフィールのまとめです。

・現在は、FX教材を販売したり、トレードスクールを開きFXトレードのコンサルティングをしている。
・雇われるのが嫌いで、若い頃はパチスロで稼いで生活。
・20代中盤で親がやっている会社で働き始める。
・FXの学習に専念するため、会社を辞める。
・独学に限界を感じ、とあるトレードスクールに通うが、詐欺だった。
・スクールで知り合った仲間にメンターを紹介してもらう。
・メンターからの教えを受けて学び、FXで稼げるようになった。

■その他に販売している教材
公式HPには以下の商材も販売されておりました。

・ぷーさん式FX逆張りトレードマニュアル 火花
・ぷーさん式 FX トレンドフォロー手法 トレードマニュアル 輝
・火花pro version 大火花

口コミ・評判・評価

それでは本商材および販売者の評判、口コミをチェックしていきましょう。

↓初心者には難しいのではないかという意見。

・1分足でのトレードはかなり忙しく、反射神経が必要

↓勝率がそこまでよくなくトレードチャンスが少ないので勝てないという意見。

「 勝率は6割以上とかなりの好成績 」とありますが、リスクリワード次第で、損益バランスが1:1より悪かったら利益なんて残らない。

↓トレード手法の有効性に疑問を投げかける声

大手の仕掛けとか、どこにそんな証拠や根拠があるのか正直わかりません。「 価格が伸びやすい 」というのは「 そういう傾向はまぁまぁある 」のですが、「 損切りにあいにくい 」のはちょっとピンとこないし、説得力が足りない

↓トレード手法の表現が曖昧であるとの指摘。真似しづらそうですね。

トレードルールに出てくる表現が「 大体 」とか「 くらい 」とか、「少し引き付けて」とか「 指値 or 成行 」とか、「 数pips下 」とか「 ざっくりで構わない 」とか、曖昧表現のオンパレード。

↓再現性が低いのでは?という指摘。

陽線の大きさとかヒゲとか、スキャルで判断材料が多いと個人差大。迷ったり戸惑ってる内に、レートが動いちゃうから再現性はどんどん下がる。

↓挙句、こんな疑問まで持たれちゃっています。

・結局この人も商材屋なの?

まとめ

結論として、本商材の購入は見送った方がよいでしょう。

理由は、以下の通り。
・トレードルールに曖昧な表現が多く再現が難しい
・トレード手法の有効性を証明する根拠が乏しい
・トレードチャンスが少なく勝率が低いので利益がでない可能性がある

やはり再現性が低いのが痛いですね。

感覚的に分かるようになれば利益を出せるのかもしれません。しかしそうなるまでに退場せざるを得ないほど損失が出る可能性もあります。

手堅く稼げるようになるものではなさそう、という印象が強いです。

手の届く金額で、高評価も多いので購入してしまうかもしれませんが、ステマの可能性もあります。

購入代金だけの損で済めばいいですが、トレードで負け続けて大損する恐れもありますよ。

後悔しか残らない状態になる前に考え直すことをオススメします。