合同会社チルダワーク Amazonせどり管理ツール マカド! って微妙?口コミ、評価まとめ

合同会社チルダワーク Amazonせどり管理ツール マカド! って微妙?口コミ、評価まとめ

こんにちは!管理人のZenです。

今回は『Amazonせどり管理ツール マカド!』というツールについて取り上げます。

Amazon公認のせどり総合管理ツール、楽して自動で管理してくれる!と言われていますが、本当でしょうか?

そんなことが可能なら、せどりを副業として始めるにはもってこいですね。

果たしてその実力はいかに?早速調べていきましょう。

特定商取引法に基づく表記

まずは特商法の表記から見ていきましょう。

販売者名 合同会社チルダワーク
所在地 〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町2-4-2-2F
TEL 050-3155-1529
問い合わせ先 makad.support@pow-source.com
URL https://makad.pw

・代表者など個人名が表記されていないので信用面ではマイナスですね…

・所在地の物件はこんな感じ。ここの2階ということですが、稼げるツールの販売者のオフィスにしては質素な印象。法人として名乗るためだけに借りた場所って感じです。

商材の概要

さて、本商材の概要について簡単に説明します。

マカド!は、せどり・転売用のツールで、Amazonでの出品・管理に使うためのものです。ざっくり言うと、Amazonの価格を自動で改訂できる有料ツールです。

せどりを行う人に必要な機能が用意されおり、Amazonの価格改定や出品、販売管理を簡単にして出品者の負担を減らすことができるようです。

初心者でもアマゾンへの出品から管理まで一括して行う事ができるツールとなっている、とのこと。

特徴としては、
・見やすい操作しやすい操作画面上でAmazonへの出品ができる
・Amazonで出品している商品の価格改定を自動で行える
・メルカリ、ヤフオク、楽天etcから仕入れする際の作業負担が減る
・売上および利益を管理することが可能
・評価を依頼するメールを自動で配信することが可能
・買い切りの商品ではなく、月額4,980円

販売者について

つづいて、本商材の販売者について確認していきます。

合同会社チルダワークについて

公式ホームページはなし。事業概要や代表者なども明かされておらず、謎の会社です。
法人登録されていることは確認できました。2017年6月に設立された会社のようです。

特商法の表記のコーナーでも触れましたが、所在地も質素な物件ですし、販売者が在席しているかも怪しいです。

ネタバレ・評判・評価

それでは本商材の口コミ、評価について確認していきましょう。

調査したところ、以下のような情報がありました。全体的に微妙なツールだという印象が感じられますね。

マカドはサポート、システムに問題があります。完全に個人用で中口、大口だとうまく動作しません。真面目にされる方は時間の無駄

出典: earningcredits.info

Amazonで小口出品をしている人には向きません。あくまで大口出品者用でツールを導入するか考えて下さい。理由は、経験者なら分かると思いますが、手数料が鬼高いです( ゚Д゚)

出典: information-kyohei.com

勧めている人がやたら多いのは、紹介報酬の条件が良いからでしょう。(中略)マカドを紹介しているブログは完全に報酬目的だと言ってもいいでしょう。

出典: naminori-try.com

マカド!を利用するためには、毎月4,980円を支払わなければなりません。年にすると、59,760円です。マカド!とAmazonを合わせると、年に約11万円以上、月に約1万円以上を利用料・手数料として支払う必要があるのです。

出典: fukugyou-review.net

まとめ

結論としては購入は見送った方がよい商材といえるでしょう。

初心者が努力なしで簡単に稼げるようなツールでないことは明らかですね。購入を迷っている方には正直おすすめできません。

世の中の稼げると言われる、情報商材、稼げるツールのほとんどは、実際は微妙なものが非常に多いです。詐欺に近いような商材もあるので、購入時には慎重な判断をすることをおすすめいたします。

皆様が良い選択をして幸せに近づけることを願っています。